FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バニュビナロ』

昨日は「サラスワティ」について話をしましたが、このサラスワティは1日で終わりじゃないんです

サラスワティの日の翌日は『バニュビナロ』という日がやってきます
基本的に、サラスワティは土曜日なので、その翌日の日曜日がバニュビナロとなります。

サラスワティは本に供物を供える日ですが、このバニュビナロはお世話になっている先生や精神的なグル(高僧や導師など)の自宅を訪問する日になるそうです

まず、バニュビナロの一日は早朝の沐浴に始まります。
ここでいう沐浴ってのは、水浴とは意味が少し違って、水浴はシャワーを浴びる感覚ですが、沐浴の場合はちゃんと供物を持参し、場所によっては布を身体に巻き、肌を露出せずに川の水や湧き水に身を浸すんです。

バリのヒンドゥー教は聖水信仰と言ってもよいくらい、儀式には聖水や水がつきものなんですね

で、身を清めた後、お世話になっている先生などへ挨拶へと出かけるわけです

バリのヒンドゥー教の教えとか行事とかって、とっても奥が深いというか興味がでてきますねぇ
ちょっと、しっかり勉強してみたいなぁ

       ガルンガン


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。