FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は「サラスワティ」

今日は『サラスワティ』でした
「サラスワティ」とは、ヒンドゥー教のウク暦で210日に1度やってくる学業の向上を願い、書物などに供物が供える日なんです

サラスワティの語源は、ヒンドゥー教の教えで「サラス(流れ)」と「ワティ(女性)」からきていて、サラスワティは知識のシンボルであり、知識は流れ(または成長)は川のごとく、そしてとても興味深く、つまり美しい女性のごとくとされているそうなんです

サラスワティは知識の女神、4本の腕を持ち白鳥に乗った美しい女神で、女神は手にヤシの葉、ロンター(科学や知識を著したバリの古書)などを持っています。

サラスワティの日の午後は、全ての書物は神に捧げるという教えから、本を読んだり書いたり、とにかく勉学をしてはならないんです

サラスワティの日は、子供たちは、バリの正装に身を包み供物を持って学校に行って、みんなで祈るわけです。
「頭が良くなりますように!」と・・・
うちの近くの小学校や中学校でも、生徒たちが、みんなでお祈りしている姿がありました

       サラスワティ

もちろん、我が家でもインドネシア語の教材とかに供物を捧げてお祈りしました
「頭が良くなりますように・・・」(って心から願って・・・


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ       
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。